2017.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2017.10

一日は24時間以上にはならない

  • 2013/08/24(土) 17:41:32



仲間の噂によると新宿に回復施設ができたそうです。

新宿と言うと山梨からは直近の大都会でして、高速バスの終点であり
過去いかがわしい逸話を数多く繰り広げた場所でもあります。
回復初期には過払いによる返還で何故か小金があって時折風俗に
行っていました。ギャンブルに対する衝動とか欲求とかを
浪費で誤魔化していた時期でして、後で素面が身に付いた頃に
あのお金が有ればこんなにお金の苦労はしなかったのにと
後悔する事となりました。義母からもらって長い間使っていた
原付が駄目になった時に自責の念に襲われましたねぇ(笑)

お金を使って誤魔化したり他の物に依存したり、
自分の場合はお酒や浪費でしたが、回復が軌道に乗るまでは
誉められたような事は一つもしていませんでした。
でも自分からしてみればギャンブルをしない事を
認めてもらいたかったですね。家族から。特に奥さん。
やらない事なんて始まりでしか無いのですが、
やっぱり止めるだけでも大変だったんでしょうね。我ながら。

あの頃と言えば頼りになるギャンブルは無い。
自分自身なんてもっと頼りにはならない。
それでいて解決方法なんて無い。ただミーティングに
通うだけの時期でして、正直この先どうなって行くのかなんて
解りもしないし解っても怖くて仕方有りませんでした。
もし仮に間違えて筋トレとかジョギングとか健全な方向に
依存し始めたとしたら自分の問題にたどり着くのは
まだ後の事だったと思いますが幸運にも東スポ系な問題でしたので
およそ二年で第二回目の底付きを迎える事となりました。

俺っていったい何なんだ?

形容するとすればこの言葉につきます。ギャンブルが止まって
善人を目指して努力しているのに何だこの生きづらさと焦燥感は。
自問自答しても答えなんか浮かばないしまして無力を素直に
認めていた訳じゃないので自分でどうにかしたい気持ちが
根強く心の底にこびり付いていたんでしょうね。
自分がぜんぜん当てにならない事が解るまでの日々。
別居して毎日毎晩自殺願望に襲われていたあの頃。
自分には解決法が無い事が解るまでの二年間が、
良くも悪くも自分を支えているのも確かなんでしょうね。

一歩間違えていたら死んでいるかホームレスかどちらかだったかな。

良く言う言葉ですが簡単に手に入れたものは大切にしない。
本当にその通りですよね。未だに馬鹿の一つ覚えで
朝祈って日常の中で点検する生活を繰り返していますが、
他に回復できる方法は知らない。他の方法はその道の
専門家に任せて馬鹿の一つ覚えを繰り返す訳ですよ。

今はそれで良いと思います。現にギャンブルをしたくないのですから。
これからも24時間の繰り返しですがギャンブルを必要としない毎日を
送れたらそれで良いですね。あとちょっとの小銭と。

あの頃はとにかく独りでした。

  • 2013/08/16(金) 22:28:04

20130816222803

この地図はある駅にある地図でしてこれを頼りにしてある会場を訪ねたのが
自分のGAとのつながりの始まりでした。 毎年思う事ですがあの年の夏は、
いつもの時よりも妙に暑くて息をするのも面倒くさかったのをいまでも覚えています。
どこに居ても居場所がなくてさぁ。本当に

頭の中が多少静まり返るまでは、いろいろな情報が得られないのも
良かったのかも知れません。あの頃に色々詰め込まれていたら
すぐにパンクしてしまったように思えます。人それぞれに回復の
仕方があるようで、自分がつながった頃はステップから
逸脱していた会場も多々あったように思えますが、
自分の歩き始めの頃はとにかく孤独でしたので、
誰か他人と話す機会があるだけでも良かったのかも
知れません。結果オーライと言いますか。たぶんそうだな。

ドベェ〜〜ン(E弦開放→A弦7フレグリスダウン)

  • 2013/08/11(日) 21:08:37



通勤に使う駅に昔の彼女に良く似た女の子が写った
ポスターが貼ってありまして、毎朝おはようと小声で
挨拶をするのを楽しみにしていたのですが、
お盆が近づいてきてさすがに海水浴場って感じじゃないらしく
気がつけばはがされていました。非常に残念でしたねぇ。

歯並びとかほっぺの感じとかが非常に似ていまして、
はがすぐらいなら駅の人にお願いして持ち帰りたかったです。
寝ぼけた頭で色々と回想というか妄想が始まると、
朝からイテテとなりそうです。とんこつくんだったっけ。
思い返してみるともしかしてビッチ?って言動もありましたが、
今にして思えば良い思い出です。しかしもうおばさんなんだろうな。

もし間違えて再会したとしたら生き方のクリーンは消し飛ぶかも。ハハハ。

昔の彼女とか友人とかに会う機会はなかなかありませんが、
昔の歌はYoutubeで見つける事ができます。これが非常に嬉しい。
多分無いと思っていた歌も聴けたりしてこういう事だけは
本当に良い時代になったと感謝しちゃいますねぇ。
昔のメタルとかHRを聞くともう一度バンドやりたいと思いますね。
でもその前に練習のための練習で挫折するのが目に見えてますが(笑)

見込みが無い。見込み客じゃないよ。

  • 2013/08/08(木) 21:31:16

ステップ1の話です。ご存知の方も多いと思いますので与太話として。

BBのやり方でステップを進めると、読み合わせの前半の多くが
精神と肉体の問題である事を正確に理解することに使われます。
具体的に言うと医師の意見から第三章まではステップ1について
あの手この手の表現を使って、それはそれは詳しく書かれています。

12&12はちょこっとしか書いてないけどね。

ちょっと話は変わりますが現場仕事の世界には
どの業種でも大体KY訓練と呼ばれる物がありまして、
色々なケースから危険のポイントを探して対応を考え、
指差し呼称をして終わります。危険のポイントを探すことから
危機管理能力と感受性を高めるのが目的なんですが、
この絞込みの作業を反復する事から段々と問題を探すのが
上手くなるんですよね。自分はあんまり得意なほうじゃ無いですが。

さて精神と肉体の問題を仕分けする事によって得られる
メリットの一つには何を変える可能性が残されているかを
正確に理解できることでしょう。これが解らないうちは
いい人になればとかお金を持ち歩かなければとか、
趣味を持つだのパチンコ屋の前を通らないとか、
下らない努力を重ねることになるのでしょう。自分もそうでしたが(笑)

狂気狂気と何回も記されているのでうわーやりてぇ〜〜〜なんて
叫びながらゲーム喫茶に飛び込んでゆく光景を想像しちゃいますが、
実際にそれはじんわり、若しくはポカッと頭に浮かんでくるものでして、
そのちょっとなら大丈夫とか自分へのごほうびとか、再発して後は
ぼっこりと落ち込むのが目に見えているのに、再発するのに都合の良い考えや
言葉を何処からか持ち出してギャンブルをしようとするのが狂気ですよと。

それが精神の部分、これをどうにかする方法を、どうにかしてもらう方法しか
今のところ見つかってないわけでして自分みたいな半基地外のような
ギャンブル依存症患者が自分のコントロールの中でギャンブルを楽しめる薬が
開発される見込みは今の所は全然無いようです。見込みが無い。

さて見込みが無いって何回書かれているのでしょう。アハハ。

本を読みながら問題の本質に対する情報を仕入れるというのかな。
まず回復に対する考え方の基本をつくる所だからね。あと今提案しているのは
ミーティングで仲間の話を聞きながら精神と肉体の問題を仕分けをしなさいって
仲間に提案をしてるのですよ。これも反復訓練ですからねぇ。ちゃんとしないと
段々とぼやけてくる。だらだらしたミーティングだとあれですが、
本来は宝の山なんですよ。仲間の話って言うのは。本来はね。
あと狂気について考えましょうって。日々常に。ぼやけちゃいけないのですよ。
何をすべきか、何が問題なのか、どうすれば取り除かれるのかって。

ここら辺まで読み合わせてこりゃ信じなくちゃいけないのかなと
少しでも思ってくれたら大正解なんだけど、あっさりと信じてくれないのを
想定して次の章が用意されている訳なんですよ。
まぁ簡単にいかないのは仕事もプログラムも一緒ですが。