2009.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2010.01

善意ってのも難しい

  • 2009/12/18(金) 22:36:06

繁忙期のアルバイトで来ている同い年の人が居ます。
毎年募集をかけると応募してくるので、
いつも何をしているのか良く分かりません。

去年期間の終了時にもうそろそろどんな仕事でも
いいから正社員にもぐりこんだ方が良いよって
会話をしていたんですが、また会えたってのは
まだ職には恵まれていなかったんでしょう。

先週体調が悪くなったみたいで仕事に来れなくて
お金も無いし食べるものも無いみたいな話をしていたんですね。
電話口でちょっと高圧的な言い方をしてしまったんで、
ちょっと可哀想に思ったんで彼に少しお金を振り込んだんですね。
その話をしたそうそう何時入りますかって言うので、
信金からすぐに振り込んだわけなんですよ。

それから何日かして彼は仕事に復帰するのですが、
代引きの荷物を見るたびに釣銭の心配ばかりするのですよ。
なんだか可哀想になっちゃって毎日幾らか渡すんですが、
週払いの彼の給料を計算するたびに全部返したら、
生活どうすんだろうって要らぬ心配をしちゃうんですよね。

なんとなく良い事をしているような気になっていましたが、
本当は別に良い事をしては居ないんですよね。
満足しているのは自分のコントロール欲求でして、
また他人を意のままにしたいって気持ちの表れなんですね。

でもその本質にはなかなか自分では気が付かずに、
いい気になっていたんですよ。気が付いたのは
自宅に帰って奥さんと昼ごはんを食べている時。
他人にお金を貸したのは初めてだったんで、
いい気になって話をしていたらガツンとばかりに
怒られちゃいました。相手の方が上手だよって
ガッツリと怒られちゃいました。

なんで突き放して上げないと言われちゃって、
気が付かなかったようって言い訳をしちゃって
なんで釣銭無いなら上の人に話さないのって言われて、
こりゃ間違いをしているなぁって気が付きました。

善意ってのは難しい、純粋な善意ってのは難しい。
結局自己満足をしたかったってのは今なら分かるけど、
その時は全然気が付かなかったね。
止めちゃうかもって恐れがあって間違いの本質を
調べて見ると結局自己中心なんだよなぁ。

またこれかぁ。結構うんざりしてくるよなぁ。
そういえばぎゃんぶらー自己中心派って漫画が昔あったなぁ。

夢中で謝りました。

  • 2009/12/14(月) 02:06:02

さいきんはしごとやにちじょうのはなしばかりで
ぎゃんぶるのはなしはぜんぜんしないなぁって
きっとおもうひともいるんだろうなぁ。
きっとこのひとはそこつきのころの
つらいたいけんなんてわすれちゃって
そのうちにまたもんだいがでてくるのかなぁって
しんぱいしてくれるひともいるかもなぁ。

ひらがなでかくとあるじゃーのんにはなたばを
みたいだなぁっておもうけどごじだつじがたりないなぁ。

こんな事ばかり書いていると、
何を書こうか忘れるので元に戻ります。
強迫的ギャンブラーのヒロです。

前ふりに反してまた仕事の話なんですけど、
さっき帰宅しました。暇だ暇だと言いながらも、
やっぱり年末の繁忙期らしく色々と事件がありまして、
今日は、いや正確には昨日はある営業所で大量の荷物が
トラックの荷台から転落しました。ウゲゲって感じです。

私が当番の時に限って、大事件って起こるんだよなぁ。

不運な事にその中にお花が二つあって、
両方とも私の居る営業所でお受け賜りした物でした。
色々な事情があって出荷した農園に連絡したのが
夕方になったんですが、もうボロクソに怒られました。
ひたすらに電話口で謝っていたんですが、
今回の事以外にも不満な事が有ったみたいで、
ボロボロに怒られまくりました。

以前ならば言い訳をしたり責任逃れしたりして
謝っているのだか言いくるめているのか
よく分からない対応をする事があったのですが、
今日に限って夢中でお詫びしていました。

その後現地の営業所に連絡をしてそこの責任者に
対応の不備をお伝えしようとすると、逆ギレされて
怒られてしまいました。口論になるのを避けたくて、
一方的な話をひたすらに聞き続けました。

最後にその方から言い過ぎましたと言われて、
こちらこそ言い過ぎましたとお詫びしました。
事後の事は私が対応しますとお伝えして、
向こうの上部には私の上司からお話しますと、
お約束をして一応は解決をしました。

対応している間中に頭の中にあった事は自分の性格の欠点。
自分が全てを支配したがる欠点。他人を操りたい欠点。

欠点を認めたのなら、逆の行動をすればよい。
操るのではなく操られるのではなく大きな力に委ねたほうがよい。
言いたい事が有ったら言葉を選んで控えめに伝えればよい。
その反応が自分好みの物でなくても、結果としてうまく行けばよい。

そしたら丸く納まりました。ほとんどうまく行きました。
あした農園さんにひっくり返したお花を持参して、
以前の事も含めてお話しに行くのですが、
不思議とうまく行きそうな感じがあります♪
うまく行かなくてもなんとかなりそうな気がします。

これがもし明確に欠点を認める前だとしたら、ちょっときびしかったかなぁ。
自分は逆ギレするのが好きなので思いっきり事態をこねくり回して、
放り出しちゃうかもねw 多分そうしていただろうね。

確かに生きてきた

  • 2009/12/11(金) 01:32:02

冬の日のある運送会社

ギャンブルをしていた頃の生き方を全否定していました。
自分には感情が乏しく感謝も無く、人を傷つける事ばかりしていましたと
その頃の自分を否定していました。

まるで新しい生き方を選択する為の通過儀礼のように
繋がる前の考えや生き方を全て否定しようとしていました。

今日会社の喫煙所で煙草を吸いながら
ぼんやりと考えていた事なんですけどね。

何でムキになって変わろうとしていたのかなぁって
しばらくの間ぼんやりと考えていました。
どうやって今まで生きてきたのかなぁって
考えると無駄な事は一杯してきましたし
悪い事もしてきましたけど、少しは良い事や
人の役に立つ事もして来れたのかなって考えます。
動機は常に不純だったような気もしますけどね。

自分の心の中にも少しは良心があって
良心の呵責に耐え切れなくなって
借金を告白したのかも知れませんね。
だとすればハイヤーパワーはその時をずっと待っていたのかな。
なかなか辛抱強いもんだな、少しは見習わないと。

今日まで確かに生きてきた。人並み以上に働いていたし、
出世を夢見て能力以上に働くときもあった。
人よりも稼いでいたし評価もされた。
しかし対人関係のトラブルは常にあった。
そして何よりもギャンブルが原因のトラブルは
常に付きまとっていた。

何が足りなかったのか。
常識が足りなかった。謙遜が足りなかった。
謙虚も足りなかった。正直さも足りなかった。
感謝も足りなかった。愛情も足りなかった。
何よりも他人と協調して生きる気持ちが足りなかった。
そして足りなかった物を大切に思う気持ちが
そもそも最初から無かった。どうすれば良いのかも
分からなかった。自分以外に基準が無かった。
誤っていても正しくても自分以外に信用できるものは無かった。

でも生きてきた。間違いながらも生きてきた。
確かに生きてきた。そして間違いに気が付いた。
全て否定して180度転回する事は無理でも、
少しずつ自分の足りない物を手に入れていけたら良いなって思います。
感情的に否定するのではなく自己弁護で肯定するのではなく、
間違いは間違いとしてそのまま受け止めないとね。
間違えているのが分からないと直せないジャンね。

今日は仲間が訪ねてくれた。

  • 2009/12/09(水) 22:54:36

友、遠方より来る。仲間、電車に乗って来る。
強迫的ギャンブラーのヒロです。

今日のミーティングは遠くから仲間が来てくれました。
それも二人も訪ねてきてくれました。

ちょっと間が空いているのに、
昨日も会ったような気がするのは、
何故か不思議な感覚です。

嬉しさと自分の問題をやっと下ろせた
開放感で感謝に包まれました。

そして帰宅してある病院の院長先生の
ブログを見てみると私たちの事が紹介されていました。

なんという日なんでしょうか。
久しぶりにハイヤーパワーさんが
私にご褒美と激励をくれました。

こいつぁちっと真面目にやんねーとなぁ。
女性の下着の線を見て妄想膨らましている場合じゃねーな。

それとわきの下とかw