2018.06 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.08

信じるようにらったった

  • 2012/05/23(水) 00:05:44

気が付けばGAに来てから早い物で夏が来れば丸五年です。
と言う事は五年前は丁度借金が良い感じで煮詰まっていた訳です。
もう少しすると阿鼻叫喚に家庭内がなる訳で正直もう二度と厭です。
病気の性質で再発の危険は完全にゼロにはならないのですが、
次に同じ事態になるとすればまたやり直す自信は全然無いです。
変な事を書きますが生きてゆく自信もあんまりありません。
今のクリーンを大事にして行く事しか日々の送り方を知りません。
つながる前に充分に再発を繰り返して厭いていたのも確かですが。

ところで話は変わります。

自分は今のホームグループで二つ目で以前は都内のグループが
ホームでした。良く高速バスに乗って毎週通っていた物です。
狂っていたのかもです。普通の神経じゃありません。
そんな火曜日の事でした。少し早めに甲府を出てある仲間に
勧められた本を購入しにAAのセントラルへ行った後の話です。
仲間を待ちながら読んでいようとかなり早めに会場に入りました。
いつもお借りしていた教会はGA以外にもAAも会場をお借りしていまして、
丁度前日に掲げたらしい例の丸い看板がフェンスの所にかかっていました。

どうするかしばし悩みました。教会の事務室へ行くと
もしかしてそこのグループの方々に迷惑をかけてしまうかも
しれませんし、見て見ぬふりは出来そうにないし。
すぐ困り果てるころでしたのでぐるぐると部屋の中を餌を
探している熊のように困って回っていると手にしていた本から
納品書がはらりと。そこにはセントラルの電話番号が書いて
ありましたのでおずおずと電話してご指示を仰ぐ事にしました。

メンバーの方に連絡を取ってくれる事になりまして、
看板は事務室に預ける事になりました。めでたしめでたし。
その時の本は今も時折手に取ります。

信じるようになった。自分もそれからしばらくして素直に信じるように
なりました。信じる事が出来るようになったって方が正しいかな。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する