2012.04 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2012.06

信じるようにらったった

  • 2012/05/23(水) 00:05:44

気が付けばGAに来てから早い物で夏が来れば丸五年です。
と言う事は五年前は丁度借金が良い感じで煮詰まっていた訳です。
もう少しすると阿鼻叫喚に家庭内がなる訳で正直もう二度と厭です。
病気の性質で再発の危険は完全にゼロにはならないのですが、
次に同じ事態になるとすればまたやり直す自信は全然無いです。
変な事を書きますが生きてゆく自信もあんまりありません。
今のクリーンを大事にして行く事しか日々の送り方を知りません。
つながる前に充分に再発を繰り返して厭いていたのも確かですが。

ところで話は変わります。

自分は今のホームグループで二つ目で以前は都内のグループが
ホームでした。良く高速バスに乗って毎週通っていた物です。
狂っていたのかもです。普通の神経じゃありません。
そんな火曜日の事でした。少し早めに甲府を出てある仲間に
勧められた本を購入しにAAのセントラルへ行った後の話です。
仲間を待ちながら読んでいようとかなり早めに会場に入りました。
いつもお借りしていた教会はGA以外にもAAも会場をお借りしていまして、
丁度前日に掲げたらしい例の丸い看板がフェンスの所にかかっていました。

どうするかしばし悩みました。教会の事務室へ行くと
もしかしてそこのグループの方々に迷惑をかけてしまうかも
しれませんし、見て見ぬふりは出来そうにないし。
すぐ困り果てるころでしたのでぐるぐると部屋の中を餌を
探している熊のように困って回っていると手にしていた本から
納品書がはらりと。そこにはセントラルの電話番号が書いて
ありましたのでおずおずと電話してご指示を仰ぐ事にしました。

メンバーの方に連絡を取ってくれる事になりまして、
看板は事務室に預ける事になりました。めでたしめでたし。
その時の本は今も時折手に取ります。

信じるようになった。自分もそれからしばらくして素直に信じるように
なりました。信じる事が出来るようになったって方が正しいかな。

中央本線 上り

  • 2012/05/13(日) 14:22:29

実家へ行く用事があって今週末は予定を空けました。
連休明けは仕事が忙しくて疲れていたのと
昨日アルバイトの給料をもらって小銭を持っていたので
迷わず特急に乗って八王子まで行く事にしました。

鈍行の硬いシートも風情があって悪くは無いのですが
900円で時間とリクライニングシートを買いました。
これから約一時間で八王子、あるミーティングに
立ち寄ってから横浜へ向かいます。

バイトかミーティングを絡めながら移動するのも
気が付けば習慣になっていまして最近はこれに
娘の家に荷物を届けるのも加わって来ています。
本業で毎日荷物を担いでいるので休みは
身軽にしていたいのですがたまにリュックで
足りずに大きめのスポーツバックを持って
家を出てくる時もあります。

重たすぎて甲府まで自転車で行けそうもなく
最寄りの駅まで徒歩で行った時もありました。
荷物の重さに脚をよろよろさせながら(笑)

別居を始めた頃、アパートが見つかって
いよいよ入居の前日、会社のロッカーに
置いてあった着替えや私物をバックに詰めて
原チャリで予約したホテルへ向かったのですが
着くまでの間、いままでずっとこうして荷物を
背負ってそれが重たくて早く下ろしたくて
下ろしてもまたすぐに背負ってその繰り返しを
して来たんだと思いました。

きっとそれはこれからも変わらなくて、
いつからかは育った街を出てきた時から
ずっと続いているんだろうと。

どこか根なし草のように我が身を思うのは
それが自分の運命で悲しい位きちんとした
真実なんだろうと思いました。

これから始まる気楽で自由で面倒くさくて
出口が無さそうな別居生活を考えると
自己防衛の為に都合の良いドラマを夢想する位しか
出来なかったんでしょうね、当時の自分は。

あの頃の家族内の緊張感はたまりませんでした。
現在はかなり解消されていますが落ち着くまで
同居してから二年弱は必要でした。

居場所が無いからGAメンバーになったんですよ、
どうやって生きたら良いのかわからなくて
困り果てていたのもありますがかなりの割合で
家庭の中に居場所が無いのに疲れていました。

妄想も手助けして何処にも心を休める場所が
無いように思い、塞ぎ込んだ気分を速やかに
変えてくれるギャンブルも使えないので
毎日緊張しながら暮らしていました。

あの頃の今日一日はとても長くて辛くて、
まるで向かい風の中を歩いているみたいでした。
転びたかったなぁ。でも転ぶ勇気も無くて
そのまま我慢で今日一日を乗り越えていました。

緊張が飽和状態になってあるトラブルが原因で
別居を始めて家内の入院をきっかけとして
また同居するのですが家族間の関係が回復するのは
当事者の回復の兆しより少し時間がかかるのでしょうね。

今日は平穏な荷物を背負っての道行きです。
リュックの中身は家内と義母から託された
母への贈り物と好物の和菓子です。

帰りはまた何か家族へ渡す物を背負って帰るのでしょう。

私の責任

  • 2012/05/07(月) 11:25:35

4日間の休みが終わり、いよいよ今日から本業の出勤です。
前半はアルバイトに行っていたのですが不思議と長い間
体を休めていたように思います。労働意欲はあまりありません。

前半の2日間某所でキャベツの大虐殺に従事しておりまして、
連日2トンのキャベツの千切りを作っていました。
どうやらGW明けで期間が終了になる見込みで、
またこの現場に来る事はしばらくは無いでしょう。
2月頃から良く募集が入っていまして、暇を見つけては
行っていたのですが非常に残念です。これでアルバイトは
また肉体労働中心に派遣されると思うとかったるいです。

移動を含めると拘束時間が半端じゃなくてバイトに行くと
その日はミーティングに行けなかったので、まぁ潮時だったかも
知れません。まぁ低調だったおいらの経済を立て直す為に
非常に貢献してくれました。キャベツさん有難う。

あと数ヶ月で借金の返済が大方終わるのですが、
冬以来大きな山にぶつかっていました。返済が遅れる電話を
金融会社にしようかどうしようか思い悩む事もありましたが
どうにか乗り越えられました。自分の力だけではなく
実家からも援助を頂いてゴール間際に落馬するのだけは
避ける事が出来ました。こうやってバイトの調子が悪くなるのも
金銭は良いからミーティングに行けと示されているような
気もします。過去にもそんな事があっていつも大体何とか
過ごしています。いつでも大体何とかなっています。

自分の思う通りになった事は無いのですがそれでも
何とかなっています。これは大事な事だと思いますね。

ところで。

明日の丁度今頃は会場を片付けて仕事へ向かう頃だと思います。
丸の内の会場に続いて自分が責任を持つ事になりますが、
今回は事前にビジネスにかけた訳じゃ有りません。
チェアマン氏に電話でお話しただけで会場を借りました。
水曜日に集まる仲間と離れていくような気もしますが、
自分のミーティングを確保する為には平日の午前中も
必要になってきました。人が来るのか来ないのかといった
懸念も確かに有るのですが、居なくとも会場は開ければ良い。

そもそもこの県にGAが存在しているのはここ何年かの話なので、
人が少なくても当然ではないかと。でも本体と別会計なので
両会場ともあまり少なすぎるのは困る。でも大丈夫。何とかなる。

依存症の回復施設にお勤めしている知人にギャンブルの入所者が
いたらルートに入れてもらうようにお願いしたり、過去に来ていた
人に連絡してみたりして、玉穂はダメでも丸の内が増えるように
ジタバタしています。これで代わりをしてくれる人が出てきたら
その人に渡して次を開いてゆけばよい。つぶさないように頑張ります。

第二と第四の火曜日、中央市の玉穂総合会館で10時から11時に
クローズのミーティングを開きます。まだGAのホームページには
出ていませんのでお問い合わせがありましたら私にメールをお願いします。

hirowith12step@softbank.ne.jp