2012.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » 2012.03

テントを張ってテーブル置いてクロスをしいて。

  • 2012/02/29(水) 00:29:36

お給料日に銀行の通帳が変わりました。

何気なく今までの入出金の記録を見ていると
去年のお給料の金額が気になりました。
自分ではもっと稼いでいるつもりでして
今月の給料はイレギュラー中のイレギュラーだと
思っていましたが似たような金額の月もありました。
自分はなんて甲斐性が無いのでしょうかと
反省しつつ自分の勘違いの多さに赤面する思いでした。

見方を変えればと云う言葉もありますが、こんな調子では
真剣さが足りなさすぎます。それでも何とか家計が回っていたのは
奥さんのおかげなんでしょう。素直に認めたくないような気も
しますがこれが事実なんでしょう。都合の悪い事は都合の
良いように頭の中でアレンジしたくなる習性は未だにあります。
そんなに自己防衛して何を取り繕いたいのかと自らの
情けなさと旧来の考えの根強さにがっかりする時があります。

まぁお金の話だとすると節約しているんだとあごをあげていると
実は無駄遣いの塊だったり、アルバイト行ったじゃんと言っても
半月ぐらいショートの仕事もしていなかったり。
ありのままで居ればと思いますがなかなか自然にその境地まで
たどり着けないのは何かの課題で残された欠点なんでしょうね。

後遺症というと都合が良いのですが。

そもそもギャンブル依存以前に何か間違ってますので、
後遺症というより元々の病なんでしょうかね。あぁあ。

ところで土日にかけて同じ現場でアルバイトした時の話です。
大まかに二つチームを組んで仕事をしたのですが
自分と別のチームのリーダーは昔同じ所で登録型のアルバイトを
していた人です。自分と同じ現場に入るのは4ヵ月ぶりです。
本業が忙しくて中々来れないのとシーズンオフが重なって
ここの会社で仕事するの自体が久しぶりだったそうです。
メンバーは彼と自分ともう一人。バラバラに入っていれば
全員リーダーを務めちゃう強烈なメンバーと
ある程度こなせる人の総勢6人でテント張りをしたんですよ。

合間合間で進捗を確かめるのですが今日のメンバーは良い。
テントを踏みつける人やパンチカーペットの上を土足で歩く
人もいないと言った会話をしていました。逆を返せば
そんな人ばかり引き連れてイベント屋さんに派遣されている訳です。
ときどき社員の方がブチ切れるのも無理はない話でして、
てめーら寄せ集めかよと怒鳴られてその通りですと
口答えしそうになった経験は自分にもあります。

もしかすると二回や三回は逆切れして言ったかも知れません。

現場からの帰り道。相変わらず色々居るなと二人でぼやいていました。
集合場所に来ないで直接入っちゃう人とか、連絡をくれない人とか。
ちょっとの手違いで大騒ぎをしたがる人とか。色々居るなと。
本当に日雇い派遣は不思議な人間の見本市のようだとぼやいていました。
でも俺たちもその色々居る人と同類項なんだよねと自分が言うと
帰りの車の中は風を切る音とラジオから流れるなんだか
間抜けな声だけになってしまいました。ちょっと疲れていたのもあるけどね。

すぐに別の話題になって会話は戻りましたが。

そうなんだよ。俺たちも残念ながら有象無象と
言えばよいのか烏合の衆と言えばよいのか分からないけど、
はたから見ればそうなんだよなぁと。
まぁそうさ。普通の人って言い方もどうかと思うけど
日曜とかにわざわざ仕事しにくるなんてさぁ。
それも本業が休みの日に休みを潰して働いているなんて
何かおかしいと自分で思わなくちゃいけないんだろうな。

それじゃぁまたねと会社の前で別れる時に、たぶん俺たち来年も
同じ調子なんだろうねと言ってゲラゲラ笑って帰って来ました。
しかし二日間良く笑ったなぁ。久しぶりに楽しかったな。

つながる前のヒロ山ポン吉

  • 2012/02/20(月) 00:37:29

ギャンブルをやめたい part 2

某巨大掲示板のログです。つながる前のヒロ山ポン吉の
ハンドルネームは619と名乗っています。かなり痛いです。

回復しようか

  • 2012/02/19(日) 12:19:06

気が付けば2月も半ばを過ぎていました。

去年の2月はかなり慌しかったのですが、
今年も長女の受験がらみで少し忙しかったです。
本業も先月より荷動きが見られ、副業もイベント屋さんの
仕事が入るようになって春に向けて段々と忙しくなるのでしょう。

同時にお金も忙しいのですが、1月の時間外の少なさで
今月のお給料はかなり苦しい展開が予想されそうです。
今年で自分の支払いは大体終わるのですが終盤に近づくと
トラブルが増える定説に従い苦戦を強いられそうです。

ことわざで9割終わって半分を終わった気でいる事が
肝心なんじゃって確か有ったと思いますが最終最後まで
気は抜けません。最後の1社が終わるのが予定では
今から一年後。債務整理を始める前は金利として
支払っていた金額が確実に元本を減らし続けてくれました。

あとちょっと。お金の工面をして時間が過ぎて行くのを
待っていれば完済の日は来る。その後は自分が貰っていた分を
家計に回す事が出来る。子供の学費と生活費に回せる。

しかし改めて書く事も無いけど385万ってでかいお金だわ。
私学の学費が高い高いって言ってもこれだけあれば
結構まかなえちゃうからね。うちは幸いにも義父から
嫁さんが相続させて頂いたものがあるので、教育ローンを
頼んだりしなくても良いけどこれはすごい金額ですわ。

これで完済した後気が抜けて間違って再発したら
八つ裂きにされても文句は言えませんね。
むしろ確実にやって頂いた方が良いかもです。
中途半端に生きていたら立つ瀬の無さでまた再発するでしょう。

半殺しよりも全殺しのほうが良さそうです。事後を考えると。
でも自分のハイヤーパワーは半殺しを選ぶ事でしょう。
プログラムを生きるのかプログラムで生きるのか
言葉遊びでは無いのですがこれは後者が自分は近いです。

今日一日を生きて行くには何をするのか。
乱雑で混沌とした日常で何を感じるのか。
逃げずに現実と向き合うためには何が必要か。

自分を変えてゆくなんてとても考えられなかったなぁ。
ちょっとだけ昔はさ。ほんの数年前の出来事ですが。
生き直すとか絵空事のようにしか思えなかったねぇ。
自分以外の何かを頼りにして生きて行くなんて、
冗談としか思えませんでしたね。他に何かというと
お金位しか思い当たるものは有りませんでした。

価値観の中に他人も神も全然存在しません。なんだそりゃって位置から
自分は始まりました。今も回復途上です。一生続きます。
だから回復するチャンスは誰にでもきっと有るのでしょう。投げなければ。

続きを読む