2011.09 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2011.11

結局の所自分自身が一番良く解らない

  • 2011/10/28(金) 00:01:26



毎日何となく虚脱しています。気の抜けっぷりはかなりの物です。
それでも仕事に休まず行って朝昼晩とご飯を食べているんで、
おいらにしちゃ及第点でしょう。赤点じゃないから良いです。

一昨日上司と面談がありまして、他の人は15分程度で終わるのに
あれやこれやと話が盛り上がって何故か40分も話し込んでいました。
あまりにも予定外なので業務にも若干影響が出ちゃうぐらいでした。

自分の主張と上司の希望が微妙に食い違っていたので
それを修正しつつ何故か昔話に花が咲いたのもあって
やたら長くなりました。しかし長いわ。

自分の仕事は事務と集配と構内が微妙に絡み合って
日々流れてゆくのですが、それに営業も加わって
最近どれに軸を置いたら良いのか解らなくなっていました。

それに増して別のエリアをローテーションで担当するようになって、
何がなんだか良く解らないってのが正直な所でした。どの部分を
犠牲にしていたかというと一番苦手な構内作業。
一番嫌いな仕事を他に力を入れる為に手抜きをしていました。

その事を指摘されてまして、上司の意見に乗って軌道修正をしました。
営業を軽くして構内に力を入れるようにと指示が出ました。
その日の夜です。初めてフォークでの幹線車への積み込みをしてみました。
このやりました感は結構気持ちの良いものでしたね。マジで。

つーかさぁ、何が得意で何が苦手なんて本当の所は良く解らない物かもね。
自分じゃ解らないけど他人には解る時も多々有るんじゃね。
その他人が解って指摘されるのなんて過去は苦手でした。蕁麻疹が起きる位。
耳に痛い事ほど為になるんでしょうね。良く言われることですが。

さぁまた頑張って日々を送りましょうか。
見返してやるとか思わないので気持ちが楽ですよ。

帰ってからミーティング行って爆睡していた今日一日

  • 2011/10/23(日) 19:44:02

フジサン急行

苦しいとブログの更新頻度が多くなるって仮説を実証してしまいました。
持っていた荷物が重すぎたのかどうかはわかりませんが
終わってから振り返ると何とかなった感じはあります。

今日の午前中に危険物の試験が終わりました。
会場を見回すと受験者に高校生が多いのが印象的でした。

ここまでやれれば結果はどっちでも良いです。
自己満足かも知れませんが達成感みたいな物はあります。

朝、駅まで家内が送ってくれました。いつもは自転車で
一時間位かけて甲府駅まで行くのですが寝坊してギリギリの
時間に目覚めたので非常に助かりました。

以前は誰かが手を貸してくれると何故か居たたまれない
気持ちに良くなったのですが今はそれほどでも無いです。
助けを断って何でも自分でやろうとするのも色々害があって
無意識に他人を傷つける事になっています。

ただ一言お礼の言葉が欲しいだけなのに過剰に反応するのは
病気の症状の一つでしょうね。

今年は社会の中で色々試される事がありまして試験や
講習に行くのが何回かありましたが、学科の試験を受ける度に
以前は回答を見直す事は出来なかったのに気付かされます。

さっさと書いてさっさと出てくる。一番で退室するのが良くあったんですね。
それは優秀ぶってそんな行動を取るのと同席している他の受験者の方々に
対して俺はおまいらとは違うんだっていう歪んだ感情がまぜこぜに
なってそうしていたと思っていましたが、ある問題に気が付きました。
ある症状といった方が良いかも知れません。

実は長時間の緊張に耐える事が出来なかったようです。
それが芯に有って取り囲んで隠す為に珍妙な言動を
繰り返していたのだと思います。

人間関係も似たような物ですぐに白黒つけがる、
簡単にすっきりとしたがる(笑)

病気の症状の一つなんでしょうね、これも。
相変わらず複雑なのを好む自分です(笑)

みんな黒く塗りつぶしたら落ちます。

  • 2011/10/21(金) 23:40:13



いよいよ今週末に危険物の試験が近づいてきました。
今日は通常の稼動では無く運行管理の講習でトラック協会まで
行ってきたのですが講義中ほとんど問題集を解いていました。

人事を尽くして天命を待つって心境は程遠い現状ですが、
明日一日あります。あと一周ぐらいは問題集を出来るでしょう。
当日は車中で気になる所を読み込めれば良いのですがね。
居眠りをする可能性もたぶんにあります。寝過ごして
富士吉田まで行っちゃったら天を仰ぐこととしましょう。

今週は火曜日から集配コースの変更がありまして
毎日ヘロヘロになりながら働いていました。
路線貨物の集荷なのに引越しをした位の筋肉痛(笑)
ちょうどワインのシーズンで出荷が多く、慣れていないのに
忙しいといった最強のシチュエーションでした。

こんな時期になぁとぶつぶつ言いながら働いていたのですが、
コース替えがあったにしても無かったにしても勉強していたか
どうかは定かではありません。実際遅く帰ってくるのを良い事に
仕立て作業はバックレていました。ふらふらして歩いているので、
みんな見逃してくれていたかもしれませんね..........orz

さて最近の悩みはおかげさまで自分の病気以外のことが多いです。
犬の病気だの自分の仕事だの娘たちの事だの平穏至極です。
ギャンブル依存症真っ最中の今日で世界は終わりみたいな雰囲気は
もうすでに無くなりつつあります。確かに悩みは尽きなくても
平凡で建設的な物です。刹那的な出来事は段々と少なくなって来ました。

でもまだ半人前である事は確かでして何かが足りないように思えます。
まだ気が付いているだけでも良いかも知れませんが家内には痛烈に
指摘されます。身近な人だけにダメージを食らう事も多々あります。

仲間に関わる事は伝統やステップに照らし合わせれば大体は
少し時間がかかったとしても解決したり落ち着いたりするのですが、
社会の中の事はなかなか難しいです。病気に見えない人が
病気を感じさせる言動をしたりして見分けが付きにくいです。

前回書いたあるトラブルも同じ様な事に遭遇した仲間がいまして
伝統に基づいて感情の処理をする事を提案されました。
我々のルールブックは良心の中の愛なる神である事を思い出せました。
でもこれで処理するのが難しいときもある。つーかわかり難い。

アルコールでも薬物でもそうですがやめた方が辛いってのは確かにそうです。
長い間ギャンブルにしがみ付いて生きてきたのですから。本当にそうです。
我慢でやめるか方法論でやめるかどちらに振れるかは人それぞれですが、
いずれにしても生き方の問題は簡単には行かないです。
これが普通の暮らしだとしたらとりあえず及第点位は欲しいです。

いつまでもロボコン零点じゃ困りますから(笑)

霊性は冷静に通じるのかも

  • 2011/10/20(木) 23:41:11

先日ある仲間から意外な話を耳にしました。お互い良く理解できないから
放置しようと結論に達しました。文字通り理解に苦しむといった所です。
ただ理解しようとするといずれは論争になるのでは無いかと思われるので、
もしあんたが気に食わないとか、お前らはおかしいとか言われたら
素直に謝罪するつもりです。自分側の問題として何かあるから揉め事に
なる訳でして、お互いに裁き始めたら止まらないのが依存症者の常です。

どうでも良い事にこだわっているほど世間の人は暇ではないようです。
自分も世間の人に近づこうとしているのでどうでも良いことは
どうでも良いです。馬鹿と呼ばれようとなんと呼ばれようと、
目の前の事に取り組み続けるだけです。結果なんてどうでも良いです。

自分らに正義が与えられたら大義名分として誰かを傷つけるでしょう。
自分らに権力が与えられたら誰かを支配してしまうでしょう。
そしてその力ゆえに祭り上げられて、自分の今まで築き上げてきた
霊性をあっさりと投げ捨ててしまうのでしょう。

いやだねまったく垢抜けなくて。

そんなものはいらないよ。無駄な荷物はいらないよ。
欲しくて必要なのは毎日お祈りをして元気に働く事だけだよ。
家族や同僚や仲間が怪我も病気もせずに暮してくれる事だけだよ。