2011.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2011.07

夜は寝るもんさ

  • 2011/06/28(火) 23:48:36



先週から急に暑くなりました。体はようやく適応して来たのですが、
暑すぎてうたた寝も出来ません。車でエアコンを浴びながら
お昼寝でも出来れば良いのですが、あいにくとエコドライブを
推奨しているのでアイドリングが長いとデジタコに記録されます。
帰るのが怖いぐらい減点されます。減点されない方法としては、
ある場所を半開きにすると大丈夫らしいのですが、
正直さを追求する団体に所属しているのでそれは出来ません。
非常に残念至極です。もう正直なのは止めって感じです。

夜は夜で犬猫軍団が暑いせいか爪をカチカチと鳴らしながら、
おいらの寝ている周りをうろうろとしています。
くっついてくれば来たで毛が生えている分暑っ苦しい。
もっとも逆の立場にしてみればおいらも相当暑っ苦しそうです。

ところで先日夜勤のバイトに行って参りました。
土曜日に出かけて日曜の午前中に帰ってこれれば
何か家の用事でも足せるだろうと思って受けてみたのですが、
福生に行く前によるつもりの長女はいきなり山梨に帰ってくる。
仮眠しようとしてもなかなか寝れたもんじゃない。
仕事自体は楽でしたが、初めての現場で多少は気疲れする。

そんなこんなでどうなったかと言うとゾンビ状態。
青梅線に乗るのもやっと。立川で降りて朝食を取って
中央線に乗るのも至難の業。ついでに言えば高尾で
乗り換えて甲府までの記憶はほとんど無いです。

呆然として家に帰ってみると何故か緊張状態。
何がなにやら分からないですが自由に息がしにくい感じ。
以下省略ですったもんだがあったんですね。
でも救われたことに娘からは夜メールがあったり、
時間差はあったのですが家内とも会話が戻ったりして。

色々毎日あります。家の中が平穏だと思えば、
今度は職場で騒然としていたりして本当に色々あります。
でもこの世の終わりって感じは以前ほどありません。
アブスティナンスに相応しい程度に回復していれば良いのですがね。

妄想だけで印税収入(笑)

  • 2011/06/20(月) 23:45:32

おいらは地方在住の保守的で平凡なGAのメンバーです。
ホームのミーティングへあまり座らない不真面目なメンバーです。
変な風に誤解されるのですが、本当は働くのは好きじゃありません。
できれば毎日ゴロゴロと寝て過ごしていたい方です。
あとひねくれた出たがりです。まぁ総称すれば変わり者って所でしょう。

うとうとと一日中寝たままで暮していければと時々思います。
妄想を働かせるのが得意なので自動的にそれが文章になれば、
実話系の週刊誌か自販機本の中で連載ぐらい持てるかもしれません。
ドラえもんがもし居ればお願いしたい一品です。
でも面倒臭いからどこでもドアを出してもらって
非合法なお金儲けを企んでしまうかも知れません。
もしおいらがのび太なら酷い事ばかりしそうです。

でもスリップして赤いキータッグを貰いたくないので我慢します。

趣味はこれと言って特にありません。時々漫画を借りてきて
ニヤニヤしています。本当は少年誌を毎週買って最新の話を
読みたいのですが邪魔になって奥さんに怒られるので、
久しく買っていません。お金も無駄遣いするほどは無いです。
無駄遣いはしないようにしていますが、良くパンを買います。

おにぎりの方が良いと思うのですが以前に運転席の足元に
一口食べただけのおにぎりを落としてからあまり買いません。
しかたなくパンを買って食べています。体脂肪が27%も
あってびっくりしているのですがその中の7%以上はパンで
出来ているのでしょう。忙しいと軍手を脱がないで食べちゃう時が
あります。その内に手を使わないでパンを食べる技を身に着けられたら
良いなと思います。休憩の分が残業になってお給料がウハウハかもです。

でも居眠り運転で橋から落ちちゃって終わっちゃうかも知れません。
そうしたら本当に寝たままかも知れませんね。めでたしめでたし。

待てと言えば犬とか柔道とか

  • 2011/06/19(日) 11:03:16

今月末で某宅配便が消失してから丸一年が経つ事となります。

法事でもやるかと当時の仲間と会う度に冗談を飛ばしていますが、
移籍した人達は繁忙期の直前なので遊んでくれません(笑)

軽く流されているだけです、これが現在進行形と過去形の違いなんでしょう。

本体に戻ってから自ずと一年が経過することとなるのですが、
相変わらずノタノタと仕事しています。ノソノソが適正かも。
それでも気が付けばトラックの運転に慣れてきたり、
フォークの講習を受けたり、立派な運送屋従業員を目指して
少しは進歩出来たような気がします。

少しね。

しかし現在進行形と過去形ってのは大きな違いでして、
現在進行形の方々は移籍が完全に済んでいる方でして、
人によっては雇用に関する問題も出てきています。
まだ不安を持ちながら働いて居る事を考えると、
あまり無責任な冗談も言える物じゃないです。

自分達の事業所も施設の賃貸料が近い内に入らなくなったり、
事業の中心が系列会社に移る噂とか不安材料は確かに有ります。
全社の方針として海外での売り上げを重視する事が
明言されてくると何処と無く腰が落ち着かなくなるような感じです。
それでメンタル系を病んじゃう人も居るかも知れません。

でも仕事は毎日ある。13時の出勤で毎日残業がある程度に仕事はある。

まだまだ平和なのかも知れませんねぇ。本当に。
残業が減ったのは確かですが一応はお給料頂いていますからね。
出来れば朝から働ければと思うのですが、どうやら贅沢みたいです。
それに今の雰囲気だと朝から出勤してもミーティングには行けそうに
無いです。帰構してもそれからがちょっと作業で時間がかかります。

理想とするものは有るのですが、ほとんど妄想に近いです。
現在はそういう時期なのかも知れません。犬で言えば待て。
コース替えもいったん保留になりました。社内検定の関係なので、
自分にどうする事も出来ません。ただ待つのみです。

自分に変えられない物は受け入れましょう。受け入れる努力をしましょう。
平安の祈りだけでは無く某局の人生相談の冒頭でも言ってますから。

セールス鴉

  • 2011/06/16(木) 00:10:53

今週一杯で8ヶ月慣れ親しんだコースに別れを告げる予定でしたが、
フォークリフトの社内検定の関係でコース替えは延期になりました。
フォークで仕事をするのは以前より基準が厳しくなっているそうで、
いまおいらの検定の申し込みが上部組織へ申請されています。

おかげで残業少な目な中で毎日講習を一時間受ける事が出来まして、
何となく今月の見通しは明るいような気がします。気だけかもですが。
全国レベルの大会でするのと同じ様な内容で講習が行われているので、
この勢いで推薦しちゃう?なんて指導員殿はおいらをからかいます♪

冗談でも所長に持ちかけたらその後の大騒ぎが予想されます。
結構ハイテンションな方なので取り越し苦労が始まりそうです。
もし出場なんてなったら事業所全体で応援に来そうです。

勘弁しておくんなまし(笑)

話は変わります。

ふと昔働いていた営業会社の上司の事をぼんやりと思い出していました。
特徴として個性が激しい。もとい個性豊富な方ばかりだったのですが、
共通する特徴があるように思えます。それはどの方も非常に勤勉でした。

生き馬の目をほじくり返すセールスの世界で役職者として
生き残り続けるには、上からも下からも非の打ち所の無い勤勉さが
必要だったんでしょう。ある線までは自分で売れば良い。
それから先は部下の売り上げで出世が決まる仕組みになっていたので
みんな非常に面倒見が良い。ある方なんてやくざの親分さんのような
雰囲気と貫禄を身につけていました。

つーかさぁ、最初見たときはやくざだと思いました。絶対に。

滅私奉公といえば滅私奉公。何の為にするのかはっきりとした
組織でしたので、個々の意見なんてものは存在しませんでした。
社長がやれと言えばやれ。販社の社長がやれと言えばやれ。
部長がやれと言えばやれ。課長がやれと言えばやれ。

出来なければ出来るまでやれ。やらないのなら辞めろといった感じです。

徹底的なトップダウンの組織でしたので、不満も疑心暗鬼もありません。
存在する余地も有りません。ただ言われるようにやり続け、
目の前のにんじんを追い続けるだけです。それが個人売りにつながり、
車売りにつながり、課売りにつながり、支店売りにつながります。

でも人間ですから嫌な奴からは命令されると反発する物ですが、
不思議と自分がお仕えした上司は意地賭けてというような
その当時良く氾濫していた言葉を快く受け止めてくれました。
男気ある口調でやって来いと檄を飛ばされ現場に出ましたね。

意地賭けて。

朝のプレッジの中、中間報告の電話口、延長を申し出る際。
殺伐とした会話の中にふと思われているのだなと感じる時、
その人の為に売り上げて帰ろうと思う気持ちが芽生えました。

今まで出会う人には恵まれていたのかもしれません。
でも気が付くのは遅すぎたのかもしれません。
セールス鴉を歌いながら年を取りたかったのですが、
よこしまな心が強い当時の自分には訪問販売をするのは
無理だったようです。お客様の為を思ってする事ならば
少しのオーバートークもサービスに変わるのに自分の事情ばかり
お客様に押し付けていたので、いつしか売り上げは伸び悩み
セールスの道を諦めるしかありませんでした。

額に汗して作ったものは額に汗して売らねばならぬ。

何の為に懸命になるのか。何を求めて身を削るのか。
あの時は解らなかった事が解っても仕方の無い現在になって
解り始めたような気がします。もし自分を創るにあたって
原点と言うものが有るとしたのならセールスマン時代が原点で
有ると思います。狂っていましたけどね。かなり強烈に。