2010.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2011.02

相手が間違えている・自分も間違えている

  • 2011/01/26(水) 22:56:00

昔はプログラムって4と5をやれば良いと思っていました。
実際にその頃した訳じゃないのでその考えは若気の至りみたいな物です。
依存症ってのも良いですね。ボッコリと欠落しているので、
40代前半でも若気の至りが出来ますから。ふっふっふ。

過去にホームグループが一緒だった仲間が施設のプログラムで
やったと聞いた時は焦る事、焦る事。誰よりも早く回復しないと
いけないとでも思っていたんでしょうね。

自分が経験した方式だと4と5は概ね3回はするようになります。
最初は恨みのリスト。次に恐れのリスト。最後に性と傷つけた人の
リストで問題をガッツリと浮き彫りにしちゃいます。

料理の前に食材を集めるのを、工作の前に材料を集めるのを
想像してくれると良いのですが、問題を検討する材料を
集めてゆきます。自然と手が動きますよん。特に恨みがね。

これも順番に根拠があるようで一番書きやすいのは恨み。
この野郎、馬鹿野郎って言いながら書きなぐれば良いだけですから。
2列まではその調子でガンガンと書きなぐれば良いでしょう。
3列以降は最初はスポンサーに手伝っていただいて、
完成させたんですね。後は自分である程度書き上げてから
一緒に検証するようになったんですが最初はおんぶにだっこでした。

恨みのリストってのは面白いものでなんでこんな事で
恨み続けているのかって感情を持てるのと、
物事には色々な見方があるのだなぁって思える事が特徴的かな。
色々な感情の中でも怒りや恨みはかなり強い部類でして、
残滓だけでも充分に性格の傾向が出てきちゃいます。

あと同じ工程を三回戦するのですが、一番やり易いから最初に
来るのだと思うのですね。恨み。ただ思い出すだけで一列目書けそうでしょ。
あいつらはみんな間違えている。だけどどうすれば良かったのか。
あいつらは自分に対して不当な扱いをした。でもどうすれば良かったのか。

そしてなんだこんな事を恨み続けていたのかと。もうあほかと馬鹿かと。
おいらにも間違いはあるじゃないかって感じで結論が出てくるのですね。
これは一人じゃ出来ないステップですが、ここら辺からステップの旅は
段々とドラマチックになって行きます♪面白いですよ。

何でおいらの欠点がこんなに分かっちゃうのって
スポンサーさんに対してびっくりする辺りでもあります。

続きを読む

苦手な事

  • 2011/01/22(土) 21:51:14

あるミーティングでのテーマで出ていました。
仲間の話を聞きながら考えてちょっと思うところがあり、
おろさせて頂きました。話しながら自分で整理がついたんですがね。

ぶっちゃけ大層な話しではなくて愚痴みたいなもんですが、
おいらは正直な生き方が苦手です。上手じゃないです。
大体は上手くしているようですが、何かトラブルがあると
すぐにメッキがはがれます。はりぼてのようにも思えます。

全力で努力して正直な生き方を保持しているのですが、
限界は低いので時々自己弁護に走ったりします。
ばれなきゃ良いかもって考えも頭の中でグルグルします。

結論としては修正して大体の正直さを保とうとしているのですが、
自分の自己採点としての及第点には程遠いです。0点では無いですが。
インチキな正直さを感じて自己嫌悪しちゃいそうになる時もあります。

そんな時もっと回復したいなぁって思うのですね。

まだまだ学び始めたばかりのこの新しい生き方。結構難しい。
できたら全力じゃなくてもっと自然に正直になる事が出来たらなって。

神様。私の意思と生き方を回復へと導いて下さい。
どのように生きてゆけば良いのか私に示してください。

この間の日曜、ステップセミナー行ってきました。

  • 2011/01/19(水) 23:05:31

先日、都内でステップセミナーに出席する機会がありました。
おいらが言うのも変ですがオーソドックスな印象があったセミナーでした。
回復するのは決して奇をてらった方法ではなく、淡々と繰り返して
行くものだなぁと感じました。革新的ではなく保守的って言えば良いかな。

途中で先行く仲間の所へ電話して、誰か知っている人居なかったなんて
話をしていると同じスポンサーを持つ仲間と偶然お会いする事が出来ました。

おぉハイヤーパワー(笑)

前回と違って今年はGAの仲間はあまり見なかったかな。
都内の仲間にお会いしたぐらいで。もしかして会えたらなって
仲間は神奈川の方で用事があったらしくそっちに行ってました。
ブチブチ言うと来る時は連絡して下さいと怒られちゃうのでこんな所で。

お会いしたかった先行く方にご挨拶できたし、
栄養溢れる話は聞けたし。出来れば朝から行きたかったなぁ。
来年は頑張って行ってみましょう。為になりましたんで。

道具といえばステップ3

  • 2011/01/16(日) 12:32:37

今朝はかなりの冷え込みでした。

毎日犬を抱えて寝ているのですが、寒すぎて布団の中で
丸まっていました。その後コタツで三匹とおいらで
暖を取っていたのですが、掃除機の攻撃に負けました。

寝ぼけてエアコンの暖房を入れた位ですので、
相当に寒かったんでしょう。今後はこのメンバーで
犬猫村越冬隊と銘打って越冬闘争を行う事でしょう。

団結・ガンバロー♪

さて本題に移ります。
フランシスコでは私を道具としてお使い下さいと唱えられます。
道具としてと言うと連想されるのは意思が無く自主性も無く、
ただ言われるままに動く物って感じですね。

他人を道具として使うとか連想しがちでしょうな。

さて神様から見た道具ってのは一体なんだろうって感じですね。
言うとおりにすれば良いんでしょうとも思えちゃいますね。
おいらのハイヤーパワーとの闘争では居直りや逆ギレに
つながった考えでした。ハイハイ分かりましたって。

あるキリスト系のメルマガを以前から愛読しているのですが、
道具ってのは主の意向の元、自分の意思で行動をして行くのが
道具の元々の意味であるようです。だから生活の中で
ハイヤーパワーの意思の上に思いっきり努力しちゃっても
良いのでは無いかなと自分は思います。それが自分の為でも
他人の為でも誰かを傷つけたり、自己中心的であったり、
社会的道理に反していない限りは良いのではないかと。

ステップ3の難しさってのは意思の性質と取り扱いの難しさを
よく理解した上でお任せする決心をする。決心だけで良いのに
全部お任せしなきゃいけないように思っちゃうのが難しくなる
原因の一つでして自分も全部お任せをしなくてはって思っていた頃は
なかなか出来なかったのを思い出します。この完璧さを求めるのは
ACの傾向があるGAメンバーなら当然でしょう。おいらの事ですが(笑)

でも決心をするだけで良いのなら出来る可能性はあるでしょ。
12ステップって確かにやる事は多いですが出来ない事は
一つも無いと思います。完璧には無理ですが。
これが完璧にしなくてはいけないのなら出来る人は少ないか
都市伝説並みになると思います。そんな人見た事無いし。

ああやってみよう位でも良いんじゃないかなとも思います。
あの人楽そうだから俺もやってみようかなとかさぁ。
あの人最近元気だから同じ事やってみようかなぁとかね。
そんな入り口で良いのでは無いかと思います。
1〜3をした後で4に進むかどうするか振り返って考えても良いかもね。
個人の意見ですが決意する事が出来ないと4から先は無理です。
はっきり言ってやりたくない事ばかり出てきます。悶絶するかも知れません。
言葉遊びでは無いですが先ほど書いた決意とはステップ3の事です。
4に進むときに決意できないのなら戻ってみた方が良いでしょう。
焦る事なんか何も無いと思います。今まで酷かったんですし。

自分でやばいと思ったら1から戻ってチェックしてみる♪
1〜3までは常に意識しないとね。じっくりとしないといけないから
土台の部分ですよってあちこちでよく示されているのでしょう。