2010.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2010.10

お酒も煙草も20才になってから。ギャンブルは18才から

  • 2010/09/19(日) 20:55:54

強迫的ギャンブラーのヒロです。GAメンバーです。
今日は久しぶりに盛り沢山の一日でして、この勢いで書いちゃおうかと
思います。後で読み返して恥ずかしかったら削除しちゃいます。

なんて無責任なんでしょう。無責任ヒーロー∞(笑)

今日仲間と一緒に長野県のセミナーへ行ってきました。
以前から告知させていただいていた松本で開催されたセミナーです。

午前中は医療関係者の方の公演。午後から分科会と自助グループの
紹介として各自助グループから一人ずつ演壇に立ったのですが、
分科会でのミーティングは長野の仲間に頼まれて司会者。
自助グループの紹介は演者と久しぶりに忙しく働いた感じです。

最初する前は20分って短いなぁって思っていたのですが、
実際に演台に立つと長い。とっとも長い(笑)
時間に話し切れないと思って話を端折っていたのですが、
それが後で悔やまれるほど長かったです。これも経験値の無さから
来る物でしょう。うん。悔しいなぁ。

午前中の講演の中で未成年者の飲酒について述べておられたのですが、
思い返してみればまだ未成年の頃に後で苦労させられる物は全て
揃えられたかなぁって。未成年の頃、具体的に言えば中学生の頃。

煙草を吸い出したのは中学一年。お酒も同じ頃。
パチンコ屋さんに出入りするようになったのは中学三年。

大人びたつもりでしていましたけど、かなり滑稽な物だったんだろうね。
畑から見ればさぁ。でも本人はかなり本気で粋がって吸ったり、
飲んだり、打ったりしてましたね。その中で最後まで残ったのは煙草。
一番振り回されたのはギャンブル。

ストーリー方式で5を聞くと思春期以降はみんな同じ事を
繰り返しているので眠くなって仕方ないって話を聞いた事が
ありましたが、全てはその頃から始まった事を改めて思いました。

お酒も煙草も20才になってから。ギャンブルは18才から。
やっぱり無駄に法律も出来ちゃいないよ。守る気はさらさら
無かったけど、守るべきだったんですね。うん。

判断が出来ない子供にはちょっと無理だわ。マジで。

決まりに対して反抗したがるのは依存症の特徴だから仕方ないって
言えばおしまいだけど決まりは守るべき理由があるんだよね。

☆信州アディクションセミナーのお知らせ☆

  • 2010/09/19(日) 00:00:00

長野県で第一回信州アディクションセミナーが開かれます。
告知の為当日まで上げて置きます。 チラシ(速報版)

1.開催日時
2010年9月19日(日曜日) 午前10時から午後4時まで
2.会場
松本市Mウィング(松本市中央公民館)
住所、松本市中央1−18−1
3.テーマ
「防ごう、未成年者飲酒」
4.主な内容
◦基調講演 後藤恵先生(成増厚生病院・精神科医)
◦体験発表 自助グループ参加メンバーの体験発表
◦分科会 各自助グループによる分科会(ミーティング体験) など
5.問合せ先
信州アディクションセミナー実行委員会事務局
メール shinshu.addiction.seminar☆gmail.com(☆は@に変えてください。)