2010.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2010.10

社会と仲間に対しての責任

  • 2010/09/24(金) 09:27:00

昨日は行われたパレードの列に加わってきました。
雨の中、一生懸命に誘導していた実行委員会の皆様の
姿には感動を覚えずには居られませんでした。お疲れ様でした。

これが最初でこれから続いてゆくと祈念いたします。
来年は山梨からも何名か一緒に参加しようと思っています。
GAの活動ではなく一個人としての参加でしたので、
仲間に対してはあまり誘いかけはしなかったんですが、
山梨に帰ってきてその足で行ったミーティングで
この仲間達と行けたらもっと楽しかったなぁと思いました。

しばらくお会い出来なかった某施設の施設長にお会いできたり、
同じ共同体の仲間にも会えたり、スポンサーご夫妻にもお会いできて、
実りある一日でありました。今書きながら思ったんですが、
本当にNAの仲間にはお世話になっていたんだなぁ。

ところで最近来たメーリングリストで知ったのですが
近県である勉強会を開こうかといった動きがあります。
関東ではいくつかの勉強会がある事をお聞きした事があるのですが、
地方にはまだまだ拡げる余地はあるみたいです。
必要があるのは確かですが温度差があるのも確かでして、
BBの日本版の個人の物語ではアプローチの仕方が
一般に言われる12&12のやり方でステップを踏んでいるように
感じられます。これが日本式なのかなと認めたい所ですが、
ある仲間がステップセミナーの中でちゃんとしたAAを
やらなければ苦しくなるだけだと言い切っていたのを思い出します。

ちゃんとしたGAとは。ちゃんとした12ステップとは。

RDPでのアプローチしか私は経験がありませんが、
BBに書いてある事をそのままする事しか私にはわかりません。
革新的と言われても保守的ですと。なぜ第一部が出版当初から
翻訳は多少変更されていても変更が無いのはそこに真理が書いてあるから
変える必要は無いのでしょう。真理って変わらないから真理だし。

依存の対象無しで、どうやって生きてゆけば良いのかが分らないのなら、
どうやって生きてゆけば良いのかを知っている人に尋ねれば良いのでしょう。
BBを読み進めて行動に移して行く事で普通に生きてゆけるのなら、
実際にそれをすれば良いのでしょう。何かしなくてはいけないのは、
何となくは感じています。出来る事は限られているにしても
行動し始めなくてはならないのは感じています。

私に何が出来るのでしょうか。ビギナーの域を出たばかりの私にも
何か出来る事はないのでしょうか。先行く仲間に自殺願望がある
仲間の事を相談した時にその絶望には出口がある事を示し続けて行く事が
大事であるのを自分の責任として教えて頂いた事があります。

絶望の淵とは。それは自分も約三年前に居た場所でして、
いつでも戻ろうと思えば戻れる場所であります。もう嫌だけどね。
いきなり何かを始めてそれで全部ぶん投げてそれだけって訳には
家族に対しても社会に対しても許される訳ではありませんが、
何か自分で出来る範囲の事をやり始めようかと思います。

自分の回復は回復としてね。あくまでも出来る範囲でね。
何かしなくちゃと言う思いが少しでもあれば自分の手の届く重さで
責任が与えられてゆくのでしょう。それを決めるのはハイヤーパワーですが、
何も無い所には何も与えられないでしょう。今は思うだけですが。
思いが願いになって行動を伴って変質してゆくのなら、
今は来る日の事を考えて積み重ねてゆかないとね。

時計は逆回りしないし、木曜日に聖人になれないからね。

猫とギャンブラーは道に飛び出す

  • 2010/09/20(月) 21:18:31

おいらの職業柄、急の付く運転は気をつけています。
毎日デジタコ搭載のトラックを使っているので、
急の付く運転動作は日報用紙に記録されます。

あまり酷すぎると管理から終業点呼時にお説教されます。
お説教は残業にカウントされないので何の得にはなりません。
長すぎると眠くなっちゃうし(笑)

先日の事です。午後の仕事である工業団地の中を
走っていたのですが、途中にあるパチンコ屋さんの
駐車場から思いっきり飛び出してくる車がありました。

当然急ブレーキですよ、まったくもう。
全然確認をしないで出てくるんだからもう。

軽く怒りを感じましたが、まぁそういう事もあるでしょうと。
これ以上頭にくるのは配慮の欠如だと言った所ですよ。ブチブチ。
空車だったから良かったなぁって事にして、
これからはその駐車場の出口は間隔を多めに空けて
通る事にしましょうと今後の対策を決めたんですね。

日報を出してみると減点が付いていました。
昭和町某地で急制動。ちゃんと記録が残っていました(笑)

その日の帰り道です。自宅の近所のコンビニに寄って、
入り口付近で半額コーナーを見ている時に
かなりな勢いでお店に飛び込んでくる人が居ました。
道向こうにパチンコ屋さんがあるのですが、
そこからダッシュで走って来たらしく、
ATMでお金を調達するとダッシュでパチンコ屋さんを
目掛けて走って行きました。一目散と言うか何と言うか(苦笑)

これだからパチンカスってのはさぁとその時は思ったんですが、
これって約三年前までの自分の姿なんですね。
おいらだってポーカー屋さんから車を飛ばして
開国橋の向こうのATM目掛けて夜中に行った事も多々あるし、
セ○ン銀行でも同じ様に金融機関のカードを何枚も持って、
借りられるだけ借りた事もあるし。

周囲の人の目ってこんな感じだったんだろうね。
あぁあいつ変な事してやがんなってさぁ。
でも本人はそんな事気にも留めずただ突っ走っていたんだよね。

仕事でも彼はのめり込む。周囲の事を考えず突っ走るって
評価を得た事が有ったんですけどまさしく万事その通り。
周囲の意見や目を気にする必要が無いと思っていたんでしょうね。

今でもその名残りが少し残っていて横断歩道を使って
道を渡る事が何となく苦手なんですよね。飛び出しはしませんが。
まるで猫みたいなもんだね。強迫的ギャンブラーってのは。
視野が狭いと言うか遮眼帯をした馬と言うか状況判断をしてから、
何かをするのが全然出来ないんだよね。

なんでこんなに突発的に何かをしてしまうのか。
すぐに何かをしないと気が済まないのか。
考える時の緊張に耐えられないのかなぁとも思います。
直感的と言えば聞こえが良いですが、暴走しているような物だね。

つーかさぁ直感的過ぎ。感覚的過ぎ。
猫と同じ様に道に飛び出すのは強迫的ギャンブラーの
特徴なのかもね。車に轢かれなくて良かったなぁ。

お酒も煙草も20才になってから。ギャンブルは18才から

  • 2010/09/19(日) 20:55:54

強迫的ギャンブラーのヒロです。GAメンバーです。
今日は久しぶりに盛り沢山の一日でして、この勢いで書いちゃおうかと
思います。後で読み返して恥ずかしかったら削除しちゃいます。

なんて無責任なんでしょう。無責任ヒーロー∞(笑)

今日仲間と一緒に長野県のセミナーへ行ってきました。
以前から告知させていただいていた松本で開催されたセミナーです。

午前中は医療関係者の方の公演。午後から分科会と自助グループの
紹介として各自助グループから一人ずつ演壇に立ったのですが、
分科会でのミーティングは長野の仲間に頼まれて司会者。
自助グループの紹介は演者と久しぶりに忙しく働いた感じです。

最初する前は20分って短いなぁって思っていたのですが、
実際に演台に立つと長い。とっとも長い(笑)
時間に話し切れないと思って話を端折っていたのですが、
それが後で悔やまれるほど長かったです。これも経験値の無さから
来る物でしょう。うん。悔しいなぁ。

午前中の講演の中で未成年者の飲酒について述べておられたのですが、
思い返してみればまだ未成年の頃に後で苦労させられる物は全て
揃えられたかなぁって。未成年の頃、具体的に言えば中学生の頃。

煙草を吸い出したのは中学一年。お酒も同じ頃。
パチンコ屋さんに出入りするようになったのは中学三年。

大人びたつもりでしていましたけど、かなり滑稽な物だったんだろうね。
畑から見ればさぁ。でも本人はかなり本気で粋がって吸ったり、
飲んだり、打ったりしてましたね。その中で最後まで残ったのは煙草。
一番振り回されたのはギャンブル。

ストーリー方式で5を聞くと思春期以降はみんな同じ事を
繰り返しているので眠くなって仕方ないって話を聞いた事が
ありましたが、全てはその頃から始まった事を改めて思いました。

お酒も煙草も20才になってから。ギャンブルは18才から。
やっぱり無駄に法律も出来ちゃいないよ。守る気はさらさら
無かったけど、守るべきだったんですね。うん。

判断が出来ない子供にはちょっと無理だわ。マジで。

決まりに対して反抗したがるのは依存症の特徴だから仕方ないって
言えばおしまいだけど決まりは守るべき理由があるんだよね。

☆信州アディクションセミナーのお知らせ☆

  • 2010/09/19(日) 00:00:00

長野県で第一回信州アディクションセミナーが開かれます。
告知の為当日まで上げて置きます。 チラシ(速報版)

1.開催日時
2010年9月19日(日曜日) 午前10時から午後4時まで
2.会場
松本市Mウィング(松本市中央公民館)
住所、松本市中央1−18−1
3.テーマ
「防ごう、未成年者飲酒」
4.主な内容
◦基調講演 後藤恵先生(成増厚生病院・精神科医)
◦体験発表 自助グループ参加メンバーの体験発表
◦分科会 各自助グループによる分科会(ミーティング体験) など
5.問合せ先
信州アディクションセミナー実行委員会事務局
メール shinshu.addiction.seminar☆gmail.com(☆は@に変えてください。)