2010.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2010.07

敏感になりつつあります

  • 2010/06/29(火) 22:50:36

今日は一日中構内作業をしていました。
午前中は不要な物の廃棄。雨ざらしになっていたコンビの中から
ぼうふらでも沸いてきそうな水が溜まったガレキを取り出して、
バケットにブンブンとぶち込んでいました。体中臭い(笑)

午後は誰も手配していなかった残荷をパレットから下ろして、
仕分けと仕立てのお手伝いをしていました。
ほとんど事務所には座れなかったんじゃないかな。

来月の半ばまで残務整理をする事になったんですが、
勤務表が出そうにも無い。聞いてもよくわからないとの回答。
二人で残務整理は良いのですが、何をするのか良く解らないそうです。
自分は決まっている仕事があるのであまり事務所には居たくないのですが、
はっきりした事は何も解らないそうです。昼寝していても良いのかな。

仕分け中は構内にどっさりと研修の人達がうろうろとしていまして、
集荷を下ろしに来た車の真後ろで世間話していたりして
もう危なっかしいったらありゃしない。明後日からの責任者が
何処に居た方が良いかって聞きに来た時には何回か危なっかしい
場面を見かけた後でした。こんなに人だかりがしているのを
見るのは初めてだなぁ。

毎回繁忙期といえば大量発送を見込める所を回る車を
配車するのですが、今回は誰も何も聞かないので、
別に良いのだろうと思っていたら突然にいつも頼んでいる所を
紹介して下さいと担当の人から言われて、お願いしたんですが
何か事情が有ったんだろうとその時は思ったんですよ。

その後業務から配車について言って上げてくれと。
人の仕事に口を挟むのはお行儀が悪いと言っているのに、
執拗に食い下がるのでつい声を荒げてしまいました。
俺ね、その担当課長さんって凄い人だと思っているのよ。
その人って何も無い所から始まってある程度形を作った人なのよ。
その人がしている事に口を挟めませんよ。言い方は確かに悪かったけどね。

誰かが何かをしているといつも口を挟む。それは今ではしないけど、
以前は良くしていたよな。確かにそれは古い生き方だ。
自分が知っているからって口も手も出すのは、その後責任を負えない
今の立場ではちょっと出来ない事なんだよな。

声を荒げたのはすまんかった。けどその点は譲りたくない。
もちろん何か助けを求めて来たら全面的に協力はするけど、
第三者から言われてほいほい首を突っ込むような事は今は出来ない。
上手く行こうと混乱しようと今は去る者の立場を超えて何かする気は無いな。
だってさぁ。その会社の人達も額に汗して努力している訳なんでしょ。
俺には出来ないなぁ。昔はしましたけど。昔はね。

でも明日合ってちゃんと説明しよう。怒鳴るのはまずかった。
久しぶりに怒ったなぁ。まだまだ未熟だね。まだまだ。

人とのつながり

  • 2010/06/25(金) 18:38:56



午後に配属先の内示を頂きました。

自分は休みを頂いていたのですが、直属の上司の計らいで
統括部長直々にご連絡を頂き、電話を受けるのに
姿勢を正してしまいました。すごく緊張しました。

来月からは出向元に戻る事になります。
山梨県内ですので家族の元から通う事になります。

別居していた時住んでいたアパートを引き上げるのですが、
出来れば一晩だけ泊まってみたいと家内と話していました。
回復の道具として与えられた家賃一万三千円のワンルーム。
主だった家財道具はある回復施設に献品する予定です。
冷蔵庫とか電子レンジとかね。後は衣類と本を除いて処分かな。

早ければ来月中にね。今日不動産屋さんに家賃は払っちゃったし。

今日は横浜の実家に帰っていたのですが、遠くに住んでいる為
中々会えない叔母と約27年ぶりに再会する事が出来ました。
途絶えていた家族そして親戚の線がつながってゆきます。
長姉から来たメールの中で「一族」って単語を使っていたのですが
その言葉を現実の物として感じられました。

叔母や母が経験した戦時中の話しや海の向こうに住む従兄弟の話。
そして顔を合わせる機会がめっきりと減った親戚の話等。
長い間放置して来たつながりが段々と蘇って来ます。
そしてまた会えたら良いねと言う言葉を交わして、
姉は地下鉄、叔母は京急、私は市バスと三人三様の移動手段で
南太田の実家の前で別れたのでした。

三人とも違うのは珍しいかな。後で叔母に付き合って京急で途中まで
行けば良かったと後悔をしました。また会えるか分らないのに。

その後夜は京浜東北線の某駅のそばでミーティング。
開場前に初めてGAでBBを使っている仲間の存在を
示して頂いた先行く仲間と少しの間お話する事が出来ました。
つーかさぁ、おいらが尻尾を振って懐いていたような物ですがね♪

人とのつながりは大事にしたいね。それが他人だけでなく、
家族もそうだし親戚もそうだね。スポンサーにプログラムを
渡された時に親子間の人間関係が他人との関係に色濃く出ると
教えてもらったけど他人との関係と同じように家族や親戚との
関係も再構築出来るようになって行ければと思うんだよな。

帰りの電車の中では仲間と家内と姉と頻繁にメールのやり取り。
チャット並みにメールをやり取りする。たいした内容ではないんだけど。
そんなつながり方って今まで無かった。出来れば誰とも関わりたくなかった。
今はそんな事は無い。むしろ適度な距離で関わりたい。気楽にね。

良い人になった訳じゃない。魅力的な人になったんでも無い。
相変わらずガサツでピーキーで過敏な反応もしたりするけど、
埋め合わせる事が出来る。悪くなっているのか良くなったのか分らないけど、
そのまんまで居れる。別の誰かを演じようとしなくてもそのままで居れる。

今の自分が嫌いではない。完璧で無い自分が嫌いではない。

間違ったら謝れば良い。そして素直に非を認めれば良い。
間違える時もあるさ、ヘマもするさ。間違えなくて下手も打たなくて、
いつも完璧なんて求められちゃ居ないさ。きっとそうゆう風には造られていない。
間違えた時のもっと変わりたいという欲求が祈りにつながって行くんだろうね。
欠点を取り除くにはオラオラ系のハイヤーパワーの力をお借りしなくてはいけないからね。

下手を打つ?まずいな、それはピラチン語だ(爆)

何を大事に置くのかな

  • 2010/06/21(月) 00:08:13

今週末は仕事をしていました。長時間勤務の
二日間でかなりヘロヘロになってしまいました。
観光でさくらんぼ狩りに来たお客さんのバスを
見送ってからどうやら荷造りをしているようで、
農園さんからの連絡も遅く、本便が出た後の救済便が
締め切りギリギリに出発して行く毎日でした。

ここから松本ターミナルまで約一時間。
22時を過ぎると近県を除いて全て残荷になる状況でしたが、
何とか発送して結節便に乗せる事が出来たのは、
幸運と呼ぶしか無いような展開でした。
これでさくらんぼを扱うのが最後と思うと
感極まるものもあります。寂しいですね。そして残念です。

明後日の火曜日にいよいよ辞令が下りるそうです。
どこに売られてゆくのかまったく未定ですが、
来月の15日頃までは残務整理をここでしなくてはなりません。
正直な話気が重いです。締めが過ぎたら移らせてもらえれば良いのですが、
一つの支店が閉まるってのは誰かが片付けをしないといけないようです。
立つ鳥跡を濁さずと言いますが濁しっぱなしの方が得意なもので、
出来れば無責任に放り出して自分は新天地に行ければと、
古い考えも浮かんできます。変わらないなぁ、相変わらず。

さて何を大事に置くのか。そんな事を考えてみました。
仕事は生活の糧を得るためにしなくてはならないし、
むしろ自分みたいな身勝手な傾向を持っているものには、
嫌な事も良い事も達成感も挫折感もぐちゃぐちゃに
押し寄せてくる日々は試されている事を実感するのに
ちょうど良いぐらいの試練です。どうするのか二択を迫られ続けていると、
自分の中でのプログラムの作動具合が手に取るように解って、
何が足りないのか常に目の前に示されるように思える時もあります。

去年の6月から先日まで単身で生活していたので、
生活の要素は働く事とミーティングとプログラムだけと
言っても良いほどシンプルなものでした。
すごくシンプル。毎日単調には違いありませんが、
自分の問題にたっぷりと向き合う事が出来ました。
今はそれにプラスして家族との諸々の事があります。
仲良く過ごせる日もあれば少し緊張感がある日もあって、
良い意味でも悪い意味でも変化に富んだ毎日です。

忙しくてろくに家に居ないのは変わりませんがね。

何を大事に置くかと言えば回復が第一なのは変わりませんが、
同じ位に家族と居る短い時間を大事に過ごせればとも思います。
でも家族が第一優先ではない。かといって自分の為に、
家族を嘆かせるような歩き方はしたくない。
回復の度合いによって渡される課題は難しくなるらしく、
上手くバランスを取って生活をして行かないといけないみたいです。

自分が幸せで無いと家族も幸せでは無い。
身を捨てて捧げるようなスタンスでは誰も幸せにはならない。
その為にはどうするかと言うと自分は回復し続けること。
それに向かって今日一日を積み重ねてゆく事しか出来ないのですね。

持っていない物は渡せない。何かを渡したいのなら、
コツコツと努力し続けるしかないのでしょうね。
良い人にはなりそうも無いしなれそうにも無いから。
すごい人にもなれそうにも無いし突出した人になろうとして、
現実に向き合うのが無理だから過去はギャンブルをしていました。
非凡にはならない平凡にちょっとマイナスな私に出来る事を
考えてみたら、せめて毎日を楽しむ術を持つ姿を
家族に示して行けたらと思います。

バランス

  • 2010/06/16(水) 10:36:46

下町の商店街の中で生まれ育った私には年の瀬と言うと
連想する音楽があります。クリスマスソングが流れ始めた頃から
段々と年末ムードが高まり始めて大晦日の第九までが一連の流れです。
生家で製麺所を営んでいたので製麺機とボイラーの音も
年の瀬を連想させる音ですね。なぜ初夏に暮れの話をするかと言うと、
何度か書いた話ですがあと二週間で現在の出向先は解散です。
私の頭の中は年末のようです。忙しすぎてしんみりする暇もありません。

事務所内には配属先が決まった人と決まっていない人と、
転籍せずに去る人と色々な立場で終焉に向かっています。
タイミングが良いのか悪いのか来月からは商戦期。
青果物のピークとぶつかりますので、未だかってない混乱が予測されますが、
解散する側の私達には問い合わせに答える位の事しか出来ません。
自分の話ですがまだ転勤の指示は来ていません。
周りの同僚も同じでして内示も辞令もありません。たぶん来週と言う説と、
月が変わって引継ぎが終わってからと言う説があります。

県外に単身赴任の可能性があるのでまだアパートは引き払っていません。
家財道具が有るので身の振り方が決まるまで一旦保留です。
家族と先月末から同居をしているのですが、まだ配属先が決まらない間は
子供たちには言わないようにしようと妻と話し合って決めました。
早く公共料金だけでも切りたいのですが予定が立ちません。
中途半端な状態で日々が粗雑に過ぎてゆきます。
バッサバッサと目の前のものを片付けるだけですね。

妻の入院に伴い変則勤務を月の前半していた影響で、
なんだか仕事が山積みになっているような感じです。
発送も農繁期を迎えてなんぼやってもやりきれない様な気もします。
毎日が団子状態で過ぎて行くのですが意外とバランスは失いません。
失っていないと思います。失っていないかなぁ、ちょっと不安かな。

でも一生続くものじゃないし現にこうやって休みは取れているし、
取り越し苦労に取り付かれなければまぁ何とかなるんじゃないかと。
何も困難が無い時よりヘビーな時の方が気付きが与えられるさ。
今までそうだったしこれだけは確かに実績がある。
こんな時こそ自分のプログラムが問われるのでは無いかな。
いかに自分の意思を使わないか。どうやって現実を楽しむか。

自分でやりたくない事ばかり選んでやる様にしましょうか。
せっかく社会の中でプログラムを使える機会に恵まれたんですから。