2009.09 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2009.11

中央線に乗って

  • 2009/10/31(土) 20:57:06

用事が有りまして今日は東京へ出かけてきました。
去年はそこに家族全員で行ってきたんですけど、
今年はみんな忙しいみたいで私一人で用事を足して
帰ってきました。寂しいニャン。

帰りに八王子のある会場に寄ってきたんですが、
久しぶりにある仲間にお会いできて良かったです。
覚えていていただいてくれて感謝です。

帰り道はウツラウツラしながら、鈍行で帰ってきたんですが、
この時期の中央線からの景色は感慨深いものがあります。
段々と山梨に向かうにつれて拡がる山里の風景。
あまり人の居ないホーム、そして連続するトンネル。

甲府盆地に入ってから早く感じるのは何故なんでしょうか?
塩山を越えてからは気が付けば甲府って感じなんですよね。
帰りたいんだろうね。最初はあまり好きじゃなかったこの土地へ。

気が付けば18年もこの盆地で暮らしているんですね。

京浜工業地帯で生まれ育ち北関東で放浪生活を行い、
三多摩地区に一時期暮らして山梨へ。

何しに来たんだっけなぁと思い返すと、
結婚して人生をやり直しに来た事を思い出します。

でも駄目だったなぁ、全然駄目だったなぁ。
だけど大分遅れてから新しい生き方を探し始めたんだよな。
だとすれば来た当初の目的に向かっているって事じゃん。

あぁほうけそうゆうこんだったのか。良く出来てらぁ。
良く分かったちゅうこんで今日はとっとと寝るこんにしましょ。

あれっ、甲州弁で考えてらw 怖い怖い。

チラシを配ってハムカツ買って♪

  • 2009/10/29(木) 17:45:52

会場を開ける曜日が来月から木曜日から水曜日に変更するのに伴い、
チラシを置かして頂いている所へ差し替えにいってきました。
こんな書き方をすると何十件もありそうですが、実は3件です。
また自分に値打ちを付けようとしちゃったのかな。

多重債務者の関係の会と県の精神福祉関係の窓口と
依存症の回復施設を回ってきました。

前回作成したチラシが簡単過ぎたので、
今回は自分の文章で作成した物を置いてきました。
つかみはOKって感じで作ってみたんですよ。

作ったのはもちろん残業中w考えて見ればGAの事をするのって
会社の残業中が多いなぁ。新●の時は100%会社で済ましていましたね。

ところでチラシの話に戻りますと意外にも県の関連に
置いたチラシがガサっと減っていて、他にまだ置いていませんかと
聞いたりしたりして。びっくりしちゃいましたね、減りっぷりに。
滞在時間が一番長かったかなぁ。あそこって女の子可愛いし。
重要なことなんでもう一度書きます。あそこって女の子可愛いし♪

自分が知らないだけで結構居るんだろうね。山梨にもギャンブルで
困っちゃっている人が。居るだろうなぁ、居るに違いないなぁ。

定期的に県の関連には訪問する事にしました。
GAの定期刊行物が来るたびにお届けにね。

とどめにもう一度。あそこみんな可愛いし♪
最後にもう一言、家の近所だし♪

中学生の頃を思い出してみました。

  • 2009/10/29(木) 13:11:36



最近自分の過去を振り返る作業がありまして、
スポンサーさんに教えてもらいながら、
表に書き出したり○を付けたりしているのですが、
その中で自分の中学時代の色々な事を思い出してみました。

すっかりと自分では忘れていたんですが
アンパンを吸った事があったり、
おっとアンパンは中年男性の発言じゃない、
有機溶剤ですね。訂正しますw
煙草を吸っていたり、お酒も飲んでいたり、
イカサマ賭博(花札)で同級生からお金を巻き上げていたり、
あと何かな?バイクも乗っていたなぁ。無免許で。
あとは何したっけ?ガラスも割ったし同級生を階段から
突き落として踊り場でもがいているのを見て笑っていたし、
自販機を荒らしてお金盗んだり万引きもしたなぁ。

セックスはしなかったなぁ。チクショウw

それが大体中学2年までの話で一級上の先輩方が
卒業すると共にタメ、いやいや同い年の仲間からは
非常に煙たがられている存在になりました。

それでパシリw サンドバックのようなパシリw

自分が他の人達を憎んでいたように周りからも
嫌がられていたんでしょうなぁ。
実際に嫌がられるような言動が多かったし。
他の人からやられた事を自分よりも弱い人を見つけて
やっていたしね。だからいじめられっ子とはちょっと違うね。
もっと下品で性質が悪いと自分でも思います。

立ち向かう勇気は無いけど目下にぶつける。
レベル的にかなりな中学&地域に居たので、
クラスを出ちゃえばそれなりに肩を揺らして
歩く事が出来ました。でも所詮はパシリ。

そんな中学時代を超えて普通科の高校に行くのですが、
これがつまらない。全然記憶に無いw
大人しそうな顔を極力して通学しているのですが、
友達が三連鳴らしながら迎えに来ちゃったりして
段々と煙たがられる。そりゃそうだろうなぁ。
つまらないから隣の高校の夜学に遊びに行くようになったりして
段々と群れから外れてゆくんですね。

友達らしい友達って居なくなったんだよなぁ。
三年のころには。もっとも学校では寝たばかり、
もしくは寝たふりばかりだったなぁ。

自分が所属している集団からは外れたがる癖がある。
群れたがらないけど仕切りたがる。

まったく嫌なガキだね、小生意気な糞ガキだ、まったくw

ステップ1について考えるの心だ

  • 2009/10/25(日) 08:40:16

回復の為のプログラムの無力についてのステップは1です。
ある本の前半はこれについての記述がたっぷりと書かれています。
12ステップの聖書のような本ですが、これでもかって位にぶつけてきます。
自分の持っている文庫版はマーカーだらけになっています。

この文章だけ見て「ギャンブルに対して」のみ無力なんだから、
他の事には有力で良いのだと私は勘違いしていました。
それで日本酒の1合パックをチュウチュウ吸って帰ってきたのかな。
会社から歩いて帰って来る時にコンビニによって、
飲み足りなければまた寄り道してチュウチュウ♪
家の玄関を開ける頃にはかなり酔っ払っていました。
1合が2合、2合が3合とストレスの量によって
飲むスピードが加速していってこれはマジでヤバいんじゃないかとw
ある会場でその事を下ろして以来私はお酒は口にしていません。
依存の対象は変化するって聞いた事がありますが、
まさしく入り口をちょっとだけ覗いちゃったんでしょうね。
これだけ飲んでも300円じゃん、ギャンブルよりは安いからいいじゃん。
こんな事考えながらフラフラと歩いていました、恥かしいなちょっと。

ギャンブルに対して無力だからギャンブルさえ止まっていたらいいじゃん。

今振り返るとそんな感じでしたねぇ。ついこの間までの事なんですが、
実は問題の本質はこの食いつき易い文章の先に有ったんですけど、
そこに辿り着くには少しの時間と色々なプロセスが私には必要でした。
でもね、でもね、ギャンブルがまず止まっていないと、
今まで生きて来た中の数奇な体験と数多くの自他ともに背負った傷口が
自分の誤った生き方が全てを起こしていたって考えられないでしょ。

毒をベェベェ吐きまくって下ろしまくって空っぽになって
軽くなったから本当に無力を受け入れられたんですよ、私は。
猫が草を食べて毛玉を出すみたいにベェベェ吐きまくって、
吐くものが無くてもがいてもがき苦しんでいたらスコーンと
救いの手が授けられました。吐きすぎて裏返っちゃったかもしれませんね。
こんな話確かどなたかのSF小説で読んだような気がします。

毒を吐きまくれぇってのがまず最初にしなくちゃいけない事なんですね。
いつまでもそれだけじゃマズいんですけど、まずはそれからなんでしょう。

それでは明日の心だぁ〜〜〜〜〜〜〜!