2008.04 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.06

ひさしぶりにお会いできました。

  • 2008/05/30(金) 23:20:12

先日からホームグループ以外に別の依存のミーティングに出ています。
地元の○Aミーティングは他の依存の私も快く受け入れてくれて、
オプションのミーティングの中で一番重要な位置になりつつあります。

約半年振りにある仲間と今日は会うことが出来ました。
懐かしい笑顔でした。以前一度ミーティングで一緒になっただけなのに
その笑顔は忘れられない笑顔でした。会うことが出来て本当に良かった。
帰り際にまた会おうとハグしてくれました。
暖かい背中と手のぬくもりがまだ残っています。

おかげで朝から囚われていた怒りもなんとか乗り越える事が出来ました。
今日分かち合えた仲間、本当にありがとう。

愚痴話

  • 2008/05/20(火) 22:04:22

ある仲間の話なんですが、ミーティングで会う度に
「なんでこんなにみなさん暗いのですか」と言っています。
ギャンブルが止まって良い事しか起きて無いのだから
もっと笑顔で居ましょうと呼びかけているようですが、
そばで聞いていると、棘を感じます。
正直な話ちょっと嫌悪感を感じています。

思いやりが足りないんじゃ無いのかな?と思いますが、
聞き流してあげる方が良いのですかね。

話は変わりますが、最近は自分のホームを含めて
色々な依存症を皆さん新発売してくれています。
例えば批判依存症とか素敵な依存症とか.......
話す前に「強迫的ギャンブラーの.......です」と言って
話を始めるのは自分が何者で有るかを確認する為と先行く方に
教えて貰いました。
そんなに色々な依存症の称号が必要なのでしょうか?
ある方は抗酒剤に対して依存とコールしています。
それは無力に成るものなのでしょうか?

あくまでもミーティングとは経験と力と希望を
分かち合う場所であって欲しいのですが、
テーマからは逸脱したり、何でも良いような話で終始したり。
頑固で偏屈なGAメンバーの私にしてみると
なんだかなぁと考える場面が多いです。

テーマミーティングって難しい面があります。
ただの露悪趣味で終わってはいけないし、
できれば回復のプログラムに関係した内容で
テーマを出して行かないと何のミーティングか解らなくなります。
でもステップミーティングで「女」の話始めた人居たっけ....

駄目だこりゃ!

ある会場にて

  • 2008/05/09(金) 00:33:07

先行く仲間が先日開いた会場へ今日は行ってきました。
日中所用がありまして、夕方その会場に行ったのですが、
ミーティング前に何となく嫌な予感......
女性しかいない、その予感は的中しまして
私以外は全員女性と言う初めての体験をしてきました。
それも司会.....こんなに緊張して司会するのは初めてでした。

でもお会いしたかった方には会えたし、
男性ばかりのミーティングで分かち会う女性の気持ちも
少しだけ理解できたし、いい体験でした。

またお伺いします!感謝だ!

2008年5月2日

  • 2008/05/02(金) 12:38:32

一時は終わらないかと思った4月の〆がようやく目途がつきました。
ギャンブル以外にも仕事に囚われていた私は、
仕事を自分の実力以上に広げていたので、
素面になった今は仕事が多くてしかたありません。

でもいくつかの祈りを活用してなんとか乗り切れました。
不思議ですねぇ.......とにかく感謝です。